【大日】カンテボーレのコッペパン専門店「こっぺん堂」に行ってきた

パン

こんにちは!あるとです。

巷では至るところでリバイバルブームが起きてますよね。漫画やアニメ、タピオカもしかり。
パンでいうと「コッペパン」が当てはまります。給食で食べたという方も多いのでは?
今回は昔懐かしいコッペパンが味わえる専門店をご紹介します。

こっぺん堂ってどんなお店?

f:id:alto_y:20190423000611j:plain

「こっぺん堂」はカンテボーレが運営するコッペパン専門店です。守口・大日イオン1Fのパン工場に併設されていて、全国で1店舗しかありません。梅田や難波に行くと「全国初」の文字を見かける機会は少なくないんですが、郊外ともなると珍しいですよね。なぜこんな所に感。

こっぺん堂のメニューと価格帯

f:id:alto_y:20190423000614j:plain

(※2019年3月撮影)

コッペパンは甘めのスプレッド系と惣菜系が各6種類。
それに加えて期間限定商品と2種類のこっぺん焼きというラインナップです。
価格は100円〜480円で、ワンコイン(500円)で買えるお手頃価格。

こっぺん堂の注文方法

f:id:alto_y:20190423000616j:plain

店員さんに注文したら、セルフレジでお会計を済ませます。難しい操作は一切ありませんでした。
WAONPOINTが付くのでカードの提示をお忘れなく!

専門店だしポイント付かないと思ってたよ。

教えてくれた店員さんに感謝です。

お会計後、コッペパンが出来上がるのを待ちます。

実食

f:id:alto_y:20190423000531j:plain

シンプルで可愛い手提げ袋。白い袋に「こっぺん堂」とだけ書かれてて存在感もバツグン!

f:id:alto_y:20190423000534j:plain

給食のコッペパンより全体的に太めで、形もだ円。持ってみるとずっしりとした重みを感じます。
ひと目で分かるようにシールが貼られてました。

大粒ピーナッツ

f:id:alto_y:20190423000537j:plain

写真じゃ、ちょっと伝わりづらいけど粒々感がすごい。
ひと口ほおばれば、必ずカリカリいうほどギッシリ。
隅々まで、たっぷり塗ってくれてるので最後まで美味しくいただけました。

明太子ポテトマヨ

f:id:alto_y:20190423000540j:plain

食べる前から美味しいだろうなと踏んでた「明太ポテトサラダ」
明太子のピリッとした辛さとマヨネーズのまろやかさは、言わずもがなの美味しさ。
ポテトサラダもほどよい芋感が残ってて良い食感でした。これが200円で食べられるなんて驚き…!

感想・まとめ

f:id:alto_y:20190423000543j:plain

メニューは10数種類とさほど多くないんですが、どれもこれも魅力的。おかげで優柔不断っぷりが大いに発揮された今回でした。その悩んでる時間も楽しいんですけどね。

それと目の前で作られるライブ感は見ててワクワクしました。言っても工程は少ないんですが、ただ棚に並んでる商品を買うよりかは感動があります。待ち時間も退屈しませんでした。

ちなみに、買ってそのまま店内で食べることもできます。しかもドリップコーヒーが100円で飲めちゃう。モーニングには最適だし、あらゆるシーンで大活躍の予感です。

イオン大日に行った際はぜひお立ち寄りください!

こっぺん堂の場所と営業時間


【営業時間】9:00〜18:00
※併設する「パン工場」とは営業時間が異なります。ご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました