【大東】住道北商店街に佇む、人に優しいパン屋「Gabiのパン」

スポンサーリンク
パン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日ご紹介するお店「Gabiのパン」

住道商店街に店を構える「Gabiのパン」は、赤いテントが印象的なパン屋さん。

店内に並ぶパンは、膨らまし粉や防腐剤といった添加物やマーガリンは一切使用しないこだわり。また、本場フランス産の小麦粉を使用したハード系パン、クロワッサン、デニッシュもいただけます。

 

購入品紹介

今回は4点購入してきました。
本日もチョイスが偏っていますが、良かったらご覧ください。

 

赤ワイン仕立てのビーフシチュー

こんなん絶対美味しいやんと気づいたら手が伸びていた1品。ソフトなパン生地の中には、赤ワイン仕立てで作られたビーフシチュー入り。大人向けな味わいなのかと思いきや、誰もが食べやすいコクと旨味が感じられる味わい。ほんのり甘みのあるパン生地との相性はバツグンで、何個でも食べたくなる美味しさでした。

いちぢく

ハード系のパンの上に、いちじくのドライフルーツが載った1品。まずビジュアルがステキ!パン生地のむっちりとした味わいと、いちじくの甘さやプチプチ食感が美味しかったです。個人的な欲を言えば、いちじく大好きなので中にも入ってると嬉しいですね。

 

たっぷりカスタードデニッシュ

フランス産小麦を使用した1品。サクッとしっとりが共存した生地の中には、たっぷりのカスタードクリーム。小ぶりながら食べごたえバツグンだけど、嫌にならないのはカスタードが甘さ控えめだからだろうな。素朴な味わいで最後まで美味しくいただけました。

 

アップルパイ

はい、リピ確定。ひと口食べた瞬間にそう思いました。よく見かけるアップルパイのりんごといえば、細かくカットされていたり、よく煮詰められていて柔らかいものが多いのですが、「Gabiのパン」は、大きめりんごでシャッキシャキ。パイ生地の食感より、りんごのジューシーさを求める派なので、心掴まれたアップルパイでした。お立ち寄りの際は是非おひとつ。

 

まとめ

「Gabiのパン」に行って感じたのは、とにかく人に優しいパン屋さんだということ。例えば、添加物不使用という点。個人的には、普段そこまで添加物を気にして生きてないけど「添加物は使ってません」とお店側がハッキリ言ってくださるのは、やっぱり安心感があります。それと店主さんの人柄もステキ。入店時から気持ちのいい挨拶してくださったり、わざわざ足を運んでくれたからという理由で、ポイントカードのスタンプを1つオマケしてくださったり。血の通った接客をしてくださる方だなと思いました。パンを食べるときにも、それをふと思い出して嬉しくなるんですよね。また是非行きたい町のパン屋さんでした。

Gabiのパンの店舗情報

【住所】〒574-0027 大阪府大東市三住町1−28
【営業時間】7:00~19:00
【定休日】日曜
【駐車場】無 (近隣にコインパーキング有)
【SNS】Instagram

丸正餃子店が見えたら直進。

少し進むと左手にあるよ。

 

<a href=”https://gourmet.blogmura.com/osakagourmet/ranking/in?p_cid=11038841″ target=”_blank” rel=”noopener”><img src=”https://b.blogmura.com/gourmet/osakagourmet/88_31.gif” alt=”にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ” width=”88″ height=”31″ border=”0″ /></a>
<a href=”https://gourmet.blogmura.com/osakagourmet/ranking/in?p_cid=11038841″>にほんブログ村</a>
この記事がいいな!と思ったら、ぜひポチッとよろしくお願いします。

コメント