カルディで大人気のマリトッツォ!紹介&評判どおりの味なのか実食してみました。

スポンサーリンク
パン
スポンサーリンク

こんにちは。あるとです。

 

今回ご紹介するのは、カルディのマリトッツォ。流行に敏感な人はご存じかと思うのですが、発売してだいぶ経つというのに、今でもなかなか買えない人気商品なんです。

私も何度「入荷未定」の文字を見たことか…。その間にもネット上では「美味しい美味しい」と囁かれ続けてるもんだから、期待値は自然と上がっちゃいますよね!

 

そんなこんなで、念願の実食です。

 

ここが好きだな、ここは惜しいなとか、そういうことをつらつらと書いていこうと思うので、ぜひ最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

マリトッツォ/KALDI(270yen)

こちらがウワサの「マリトッツォ」 目を惹くオシャレなパッケージです。

 

袋から出すと、こんな感じ。なんかちょっと頭でっかちな形。思わず撫でたくなる可愛さをまとっています。

 

オレンジピール入りのクリーム。「柑橘系=爽やか」の印象があるし、なんちゃらピールと名のつくものは好きなので、ここでまた期待が高まります。

 

 

【実食編】ここが○○だよ、カルディのマリトッツォ

実際に食べて、好きなところと惜しいと感じたところを正直に書いていきます。

 

好きなところ

  • パッケージが可愛い
  • 甘さ控えめで美味しい
  • 好きなタイミングで食べられる

 

最近、至る場所で袋入りのマリトッツォを見かけるようになりましたが、パッケージの可愛さはカルディがダントツ。オレンジ×青の配色がオシャレだし、海外っぽいデザインなのも個人的にグッと来るポイント。肝心の味は全体的に甘さ控えめ。クリームの甘さにやられることなく、最後まで美味しくいただけました!(個人的な好みをいえば、もう少しオレンジピールを感じたいとは思いましたが)

 

何と言っても「冷凍」なのが最強!冷蔵品よりも圧倒的に消費期限が長いので、まとめ買いできるし、好きなタイミングで食べられるところが、とてもいいなと感じました。

惜しいところ

  • クリームの量が控えめ
  • パンがやや固い
  • 入手しづらい

 

「マリトッツォ=たっぷりのクリーム」との印象が強く、その印象ままに開封すると、どうしてもクリームの少なさが目についてしまいました。また、ネット上で「パンが固かった」との声をちらほら見かけたので、翌朝に食べようと前日夜から念入りに解凍してみたのですが、下の部分がやや固め。それが気になるか気にならないかは分かれるところかも。私の場合は、上の部分が柔らかいと感じた分、気になってしまったんだけど、商品の性質上リベイクもできないし、致し方ない部分だよなあとも思ってまして。その点を考慮すると、特にアカンところがない美味しいマリトッツォ。それゆえに入手しづらい点だけは本気で惜しく感じました。

 

感想・まとめ

巷で評判どおりの美味しさでした。

ただ、パンがブリオッシュ生地でなかったり、クリームの量も少なめなので、本来のマリトッツォとは、ちょっと違うかもしれません。でも流行スイーツを試すには手頃な価格帯だし、近くに専門店がないという人でも、手軽に食べられるのでオススメです。あとはね、繰り返しになりますが、いつ行っても買えるようになったら言うことなし。

まだ食べたことないよーという人は、根気強く足を運んで
カルディのマリトッツォ、是非ゲットしてみてください!

コメント