【難波】マロリーポークステーキで天保山を食べてきました

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

本日ご紹介するお店は、なんばCITY本館B1階にある「マロリーポークステーキ難波店」です。こちらは今月15日にオープンしました。本店は東京・自由が丘にあり、関西進出はこの難波店が1号店とのこと。上の写真のように、まるで漫画のような塊肉が手頃に食べられるとあって、人気のお店です。

 

メニュー名が少し変わっていて、全て山の名前が付けられています。グラムは200g〜2kgとあり、基本的には大きいものを複数人でシェアして食べる方がお得になるような価格設定となっています。オープンして間もないためか、エベレストとオリンポスには「COMING SOON」の文字がありました。

 

スポンサーリンク

今回は天保山(200g)を注文

私は、大阪にちなんだ山の名前「天保山」と名付けられたポークステーキを注文しました。ライスとスープ付きで、税込990円とリーズナブル。付け合わせにはマッシュポテトとスピナッチ(ほうれん草のホワイトソース和えのようなもの)が添えられていました。

 

今回は+200円で追加できるトリュフバターも投下。黒トリュフの香りとバターの芳醇な味わいがたまりません。テーブルの上にも調味料は豊富に用意されていますが、少し贅沢な気持ちになれるのでオススメです。

 

肝心の断面はこんな感じ。低温調理でじっくり仕上げ肉は、しっとり柔らか。肉自体には味付けがされていないので、お好みの味付けで食べるスタイルです。シンプルに岩塩で食べても美味しいし、個人的には柚子胡椒がサッパリといただけて良かったです。あとマッシュポテトとステーキソースの組み合わせも背徳的な味で最高でした。

 

注文方法

注文方法は、最近増えてきているQRコード読み取り形式でした。伝票の代わりにもなっているので、帰る際はこのカードをレジに持っていけばOK!

 

あとがき

私が食べた「天保山」は、漫画に出てくるような迫力こそないですが「肉を食べてるぞ」という実感のある分厚さで大変満足しました。それでいてコスパもいいので言うことなし!

入店待ち覚悟で三連休初日の夜に行ったら、ほぼ待ちなく入れたのでラッキーでした。オープンして半月だし、まだ大阪の人に見つかっていないのかも。ぜひ今のうちに行ってほしいお店です。私は無性に肉にかぶりつきたくなった時にまた行きたいと思います。

マロリーポークステーキ難波店の店舗情報

【住所】大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY本館 B1F
【営業時間】ランチ 11:00-15:00 ディナー 17:00-21:00
(それぞれLOは30分前)
【定休日】なし
SNSTwitter

コメント