【実食レビュー】ミスドと祇園辻利コラボ!2021年は抹茶に桜に春満開

スポンサーリンク
パン
スポンサーリンク

今年もミスドの春がやってきました。去年はミスド50周年ということでWコラボが話題になった抹茶シリーズですが、2021年は抹茶に桜が加わるという新しい試み。偶然にも今年は桜味にハマってるので個人的には嬉しい組み合わせ。果たしてどんな味なのか、さっそく紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

第1弾の全5種類をご紹介(実食レビュー付き)

ポスターに「第1弾」とあったので、今年も去年と同様の展開のよう。今回は第1弾として発表された全5種類を購入しました。

桜もちっとドーナツ 桜あん風(¥180+tax)

まず「桜もちっとドーナツ 桜あん風」をご紹介します。「桜もちっとドーナツ」は去年の今ごろ発売されていたもので、今年は彩りが増して帰ってきました。去年は「桜味だけど、ただただ甘い」という印象だったのですが、今年は抹茶が加わることで味が引き締まりました。(そもそも色々と違うのだけど)なにより桜の香りがいい!桜あんグレーズだけでなく、生地も桜味なので、噛めば噛むほど香りが広がります。口の中で花見ができる勢い(とは)

このシリーズ、桜味が食べたいんですという方には、ぜひこちらがオススメ。

桜もちっとドーナツ 宇治抹茶チョコ(¥180+tax)

続いては「桜もちっとドーナツ 宇治抹茶チョコ」です。1つ目にご紹介した「桜あん風」とは真逆の印象で、宇治抹茶が強くて桜味が弱め。ビジュアルはいちばん好きなんだけど、桜色のあられがポロポロ落ちちゃって、どうも食べづらい。でも可愛い、そんな印象。

桜味は苦手、抹茶は好き。そんな方にオススメ!

桜もちっとドーナツ 宇治抹茶ホイップ(¥180+tax)

続いては「桜もちっとドーナツ 宇治抹茶ホイップ」です。先ほどの2つと異なるのは、宇治抹茶ホイップをサンドしているところ。味もちょうど中間といったところでしょうか。でも宇治抹茶チョコに比べるとほろ苦感が落ちるので、全体的にはやや甘め。

苦いのは、ちょっとな…という方に良いかもしれません。

わらびもち 桜あん&宇治抹茶ホイップ(¥200+tax)

あとの2つはドーナツの種類が変わりまして…「わらびもち 桜あん&宇治抹茶ホイップ」は桜味のイースト生地を使用したドーナツ。中心にわらび餅、その外側には桜あん・宇治抹茶ホイップが絞られ、サンドされています。わらび餅が入ってると、より桜餅感が増しますね。ドーナツ食べてるのに不思議な感じ。それと先ほど紹介した「桜もちっとドーナツ」の宇治抹茶ホイップが使用されてるので、味は甘め。本格的な抹茶の味を求めると肩透かしに合うかな。

わらびもち 桜&宇治抹茶ホイップ(¥200+tax)

最後は「わらびもち 桜&宇治抹茶ホイップ」です。桜と宇治抹茶のWホイップは惹かれる組み合わせ。それゆえ期待値が上がりすぎたのかもしれません。どっちつかずの味だなあという印象を持ちました。いや、美味しいんです。美味しいんだけど…。

イースト生地が好き。ほろ苦さも甘さも欲しいなら、これかな。

ミスド×祇園辻利コラボ(第1弾)の販売期間は?

2021年3月12日(金)~4月中旬(販売順次終了予定)

 

まとめ・感想

今回は「ミスド×祇園辻利コラボ第1弾」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。去年の抹茶シリーズと比べると、抹茶感は落ちたように思えました。このシリーズが好きなだけあって、その点は少しだけ残念に感じたのですが、桜とウグイスを連想させるような春の色合いは素敵ですよね。ぜひまたこの組み合わせで食べてみたいです。

それと、今年またしても登場していないオールドファッション抹茶。今年も第2弾が販売されるので、そこに期待してみたいと思います。ぜひ皆さんもお近くのミスドに足を運んで、春を満喫してください!

ピエールマルコリーニ

コンプできませんでした…。

(行列の長さと販売時間が合わず断念)

 

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
この記事がいいな!と思ったら、ぜひポチッとよろしくお願いします。

コメント