和の魅力が爆発!ミスド抹茶の第2弾「つや抹茶」を食べたのでレポ

スポンサーリンク
パン
スポンサーリンク

今回はミスド×祇園辻利コラボ第2弾「つや抹茶」をご紹介します。…とはいえ、発売されてから、約1か月後のご紹介になるので、もうご存じの方も沢山いるんじゃないかなとも思うんですが。実際に食べてみると、美味しいなと感じるものが多かったので、主に、まだ食べてないよって方に向けて、そして自分の記録も兼ねて書いていこうと思います。

 

よかったら、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

第2弾(つや抹茶)の商品紹介と実食レビュー

ミスド×祇園辻利 第2弾「つや抹茶」は全7種類。今回は抹茶の味わいを引き立てる和素材と組み合わせたラインナップです。

 

ふわもち宇治抹茶 黒みつ

「ふわもち」の名のとおり、食感が軽くてモチモチとした生地のドーナツ。生地には抹茶を練り込み、宇治抹茶チョコと黒蜜でコーティング。シンプルだけど、艶やかさが美しい見た目です。抹茶の主張は控えめながら、抹茶のほろ苦さと黒蜜の甘さのバランスがちょうどいいと感じました。

 

ふわもち宇治抹茶 宇治抹茶&きなこホイップ

私の中で見た目と味のギャップが凄いNo.1!これまでの傾向でいうと、ホワイトチョコを使用したドーナツって結構甘くて、味を持ってかれるイメージがあったけど、これはいい意味で裏切られた。見た目ほど甘くない。個人的に、きな粉ホイップがミソなんじゃないかと思ってて。きな粉のヘルシーさが、ほかの甘みとのバランスを調整してくれてる風に感じました。味わいとしては、きな粉が若干強いので抹茶感は落ちるけど、シリーズ唯一の和と洋の両方を味わえる欲張り仕様なので是非!

 

ふわもち宇治抹茶 あずきもち

個人的に抹茶のほろ苦さをいちばん味わえると感じた1品。ただし、粒あんが中に入ってるので好き嫌いが分かれるところかもしれません。ふわもち生地に更にもちフィリングを合わせることで、モチモチ度がアップ。抹茶とあずきの組み合わせや柔らか食感が好きな方にオススメ。

 

ポン・デ・ダブル宇治抹茶

宇治抹茶を練り込んだポンデ生地に、宇治抹茶チョコをコーティングした「ポン・デ・ダブル宇治抹茶」は、唯一 抹茶に特化したドーナツ。ポンデの独特な食感と、適度にほろ苦い抹茶は馴染み深い味わい。これまで何度か販売されてるので、目新しさは正直ないんですが、安定の美味しさにホッとします。純粋に抹茶を味わいたいとか、王道が好きな方に!

 

ポン・デ・宇治抹茶 黒みつもち

宇治抹茶を生地とホイップとチョコに使用してるので、抹茶感はなかなか強め。黒蜜の甘さにも負けません。こちらにも、もちフィリングが挟まれていますが、「もちふわ」とは異なるモチモチなので、ポンデのあの独特な食感が好きな方にオススメです。

 

ポン・デ・宇治抹茶 きなこホイップあずき

きなこホイップにとどまらず、表面もきなこシュガーがまぶされてるので、抹茶感はやや薄め。でも抹茶ときな粉とあずきの組み合わせは最高のトライアングル。何かだけが突き抜けてるということのないバランスのいい1品です。

 

宇治抹茶チョコ あずき白玉パイ

ミスドのパイって、なんでこんなに美味しいのか。頬張った瞬間のサクサク感とバターの風味豊かな香りがたまりません。全体的な割合でいうと、あずきが多め。あずきが甘い分、宇治抹茶チョコのほろ苦さが引き立ちます。同シリーズの他のものに比べると、お値段やや高め。でも食べ応え抜群で満足度が高いのでコスパも悪くありません。それでも買おうか迷ったら、餅パイが好きかどうかで決めるのもアリだと個人的には思います。

 

ミスド抹茶第2弾「つや抹茶」の販売期間はいつまで?

販売期間:2021年4月9日~5月中旬(※順次、販売終了)

 

数量限定なので

早めにゲットしてね!

 

 

感想・まとめ

今回は、ミスド×祇園辻利コラボ第2弾の「つや抹茶」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。第1弾の抹茶と桜に比べると、味にまとまりがあり、抹茶の味わいをより強く感じられるものが増えたなという印象でした。販売終了まで残り2週間ないですが、気になっていながら、まだ食べてない方はぜひ食べてみてください。私もコンプ目指して、またお店に足を通おうと思います。そして来年こそ、3度目の正直でオールドファッションが加わっていますように!

 


△最後に、出遅れた原因を貼っておきます。

 

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
この記事がいいな!と思ったら、ぜひポチッとよろしくお願いします。

コメント