難波「ダイニングステージ佐海屋」で1つに絞れない人向け欲張りランチ

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

本日は、なんばこめじるし(なんばCITY)にある「ダイニングステージ 佐海屋(以下 佐海屋)」のランチをご紹介します。訪れたのは土曜の11時半ごろ。オープンして30分ほどしか経っていないというのに、店の外には既に行列が。およそ40分ほど待って入店しました。

 

スポンサーリンク

佐海屋のランチメニュー

佐海屋の名物は大エビフライとコロッケ。その2つを堪能できる定食ほか、魅力的な組み合わせの定食は全部で十数種類あります。この日はエビフライを食べると決めていたのですが、どれも美味しそうで悩ましい。よしこうなったらメーンは2種類で行こう。コロッケにしようか魚にしようか、これ決まるんか?ってぐらい深みにはまる。ここは天の声(※先客)を聞こうと耳を澄ましてみると、よくオーダーの通る定食があることに気づきます。

 

その名は「佐海屋セット」

 

上の写真だと隠れているのですが、エビフライにお造り、揚げ物。それからお惣菜がお重に入った定食が存在したのです。よよよし、君に決めた。

 

二段重の佐海屋セット

目の前に運ばれてきたときの光景はこちら。上段は視覚的なインパクトがすごい!エビフライがドーンと載ってたり、マグロとブリのお造りだって厚切り。

 

対する下段は、上段ほどのインパクトはないものの、とろサバの煮付けにだし巻き卵、大根の唐揚げといったお惣菜が目白押し。贅沢すぎるほどの品数付きなのに、なんとお値段1000円(税込)平日でもないのに、この価格。ありがたすぎる。

 

味の感想

やっぱり名物とだけあって、大エビフライ美味しかったです。プリッとしたエビに自家製のタルタルソースがよく合います。お造りも食べ応えがあって大満足。気になっていた大根の唐揚げも入っててラッキー。出汁の染みた大根を揚げるって不思議な感覚。でもこれも美味しくて、ちゃんと唐揚げ。個人的なダークホースは大学芋でしょうか。シメのデザートとして美味しくいただきました。全体的に「分かってるな〜」って感じのラインナップでした。

 

あとがき

何年か前に行きがけで見つけた「佐海屋」ようやく食べに行けました。お店の前を通るのも久しぶりだったので、行列ができるほどの人気店だとはつゆ知らず。…で、蓋を開けてみると、値段は安いわ、ランチの充実度もすごいわで二重の驚き。こりゃ並んででも食べたくなってしまうなと納得のランチでした。繁華街に食べに行くと「高いな〜」て思うけど、佐海屋さんに関しては「もうちょっと価格上げても大丈夫やで」と言いたくなりました。それぐらいコスパ最高です。どれにしようか迷ったら、とりあえず佐海屋セットいっときましょう。間違いないと思います。

 

佐海屋の店舗情報

【住所】〒556-0011 大阪府大阪市中央区難波2丁目10−25 なんばこめじるし
【営業時間】11:00~15:00 17:00~23:00(L.O.22:00)
【定休日】木曜
【駐車場】無
【席数】カウンター16席

 

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
この記事がいいな!と思ったら、ぜひポチッとよろしくお願いします。

コメント