大阪・日本橋の片隅で1人ランチ!味もコスパも最高のステーキ丼

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

私用で大阪・日本橋に行ってきました。このごろの週末の繁華街は、コロナ下だってことを忘れそうなほどの人で溢れかえってますね。まあ、そこに関しては「気をつけながら楽しみましょう」って感じなのですが、そうなって来ると、やっぱりご飯処を探すのに苦労するんですよね。

今日の私。ドンピシャ昼時に到着で、見事にランチジプシー。
お店の数こそ多いんですけど、どこも待ちが長い。今日は1人だったので、美味しいものをサクッと食べちゃいたかった。

 

そんな私のわがままを叶えてくれたのが、今回ご紹介するお店です。

 

スポンサーリンク

日本橋商店街にあるステーキ丼専門店「のむら」

大阪の電気街・日本橋。有名なアニメ関連のショップが建ち並ぶ「オタロード」を越えると日本橋商店街があり、「ステーキ丼専門店のむら」は、その一角にお店を構えています。

 

席数は全6席でカウンターのみ。メニューもステーキ丼のみ。定番と季節限定メニューから選び、あとはお好みで。今日行ったときは「マエストロ丼」という名の豪華なステーキ丼もあったのですが、まずは基本をと、定番を注文しました。

 

ステーキ丼専門店のむらのステーキ丼を食す!

ステーキ丼(並)スープ付き税込900円。ステーキ丼に使用される熟成肉(ハネシタ)は、フレンチの手法で丁寧に焼き上げられていて、とても柔らか。そして、この上品な見た目を良い意味で裏切ってくれるボリューム感。食べ応えバツグンです。

 

しかし、このステーキ丼の醍醐味は、何段階かに分けて楽しめるところにあります。まず素材の味を楽しんだら、備え付けのシャンピニオンソースやフライドガーリックを足したり、温玉を崩して混ぜて…。

 

最後は、ひつまぶしのようにスープをかけて流し込む。これがホントに美味しくて。単体で食べると味付けの濃淡が気になったけど、この食べ方にたどり着いたときに、計算された味付けだったんだなと気づきます。この食べ方は強制的なものじゃなく、あくまでもオススメということなので、食べてみたい人は、詳しくは店内のPOPを見てください。

 

まとめ

今回は「ステーキ丼専門店のむら」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?こんな所にお店があったんだと驚いた人も少なくないのではないでしょうか。かくいう私もそのひとり。人によっては、ちょっと入りにくいなと感じるかもしれないですが、店主さんは優しいし、店内の雰囲気も明るくて落ち着いているので心配ゼロ。見た感じ1人での来店が多いように思いました。電気街の片隅で、こっそり贅沢するのも乙じゃありませんか。

日本橋にお立ち寄りの際は、ぜひ!

ステーキ丼専門店のむら 基本情報

【住所】〒556-0006 大阪府大阪市浪速区日本橋4-13-15
【営業時間】11:00~15:00(L.O.14:30)
【定休日】水曜
【駐車場】無
【バーコード決済】PayPay/d払い/メルペイ/LINEpay

【SNS】Twitter/Instagram

品切れの可能性もあるので

来店前にTwitterをチェックがオススメ!

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
この記事がいいな!と思ったら、ぜひポチッとよろしくお願いします。

コメント