セブンの金のバターロールを徹底比較!98円バターロールとの差は何?

スポンサーリンク
パン
スポンサーリンク

11月25日にセブンから発売された「金のバターロール」はもう食べましたか?

「金の」シリーズといえば、上質な材料と製法にこだわったセブンの高品質ブランドなんですが、

その代表格のひとつが「金の食パン

高級食パン専門店の味に迫る美味しさだと世間を騒がせたあの食パン!

そのバターロール版だと思うと、期待が高まりますよね。

もちろん「金の」シリーズなら気になるけど、

バターロールに違いなんて出るのかな?

 

そこで今回は、金のバターロールと98円のバターロールを徹底比較してみました。

スポンサーリンク

セブンの金のバターロールと98円バターロールを徹底比較した結果

金のロールパンと価格帯の近いバターロールと比較して、表にまとめたものがコチラです。

内容量 特徴 見た目 香り
金のバターロール
(120円)
2個 発酵バター使用 なだらか カスタードのような
香り
芳醇
98円のバターロール 4個 バター入りマーガリン
しっとり食感
ふっくら かすかに塩気 淡白

 

同じバターロールなのに、こんなに違うの!?

もう少し深いとこ詳しく教えて。

それでは、より詳しく見ていきましょう。

98円のバターロール

まずは98円のバターロールから。

内容量と特徴

内容量:4個

(※1個あたり)

エネルギー たんぱく質 脂質 糖質 食物繊維 食塩相当量
104kcal 2.6g 3.0g 16.4g 0.6g 0.37g

4個入りで98円なので1個24.5円の計算。お手頃で量もあるので、こっちを選ぶ人が多いのではないでしょうか。かくいう私も迷うことのない一択です。だってコスパがいいんだもの。

「よくあるロールパン」という印象で特筆すべき点はありません。

 

ちょっと待ったー!

バター入りマーガリン」って何なん?

最近よく目にするこのワード。ざっくり言えば「バターに近いマーガリン」という意味。マーガリンとバターの中間くらいの価格で、バターの風味が味わえると人気です。私もこのタイプを家に常備してますが、味はメーカーによってまちまちなのがネック。

我が家ではラーマを愛用してます。

スーパーでセールになってることの多い商品。量も多くて味も不満に思ったことはありません。

見た目(外側・断面)

全体的にふっくらとした印象です。ぽてっとしたフォルムも愛らしく馴染みのある形。

断面の生地の色は白く、最初に感じた「よくあるバターロール」という印象はブレませんでした。

香りと味

香りは感じ取ろうとしないと分からないほど、ほとんどしませんでした。

【そのまま】
味も見た目の印象と変わらず「よくあるバターロール」といった感じ。ほんのり塩気があります。パッケージには「しっとり食感」とあるのですが、正直しっとりしてるとは思いませんでした。だからといってパサついてもいないんですが。飲み物と一緒に食べると、喉のとおりが重たくなるのが気になりました。

【トースト】
そのまま食べた時は気にならなかったパサつきが前面に感じられました。98円のバターロールは、焼かずに食べた方が美味しかったです。

 

小さい頃から食べ慣れたバターロールパンって感じで、

良くも悪くも印象は「普通」でした。

セブン金のバターロール

続いてセブン金のバターロールを各項目ごとに見てみます。

内容量と特徴

内容量:2個(120円)

(※1個あたり)

エネルギー たんぱく質 脂質 糖質 食物繊維 食塩相当量
132kcal 3.1g 6.6g 14.8g 0.6g 0.35g

2個入りで120円なので1個60円の計算。質より量という人には、ちょっぴり割高に感じてしまうかもしれません。それでも一般的なパン屋さんで買うよりはお手頃で「今日は少し贅沢しようかな」と思った時に手を伸ばしやすい価格なのがいいですね!

今回は2個入りを買ってきたけど

4個入り(238円)もあるよ。

 

金のバターロールの最大の特徴はフランス産発酵バターを使用しているところ。

あまりにもザックリした説明なので、気になってセブンイレブンに問い合わせてみました。

すると「外部には開示していません」との回答が。いわゆる社外秘ってやつですね。

残念ながら突き止めることはできませんでした。

見た目(外側•断面)

続いては見た目です。

98円のバターロールより少し背が低く、なだらかな膨らみ方が特徴的。

個人的にはクラムの気泡はデニッシュパンに近いなと思いました。

どことなく似てる気がするんよ。

香りと味

カスタードのような香りと表現したのは、バターの風味豊かな香りのほかに卵と砂糖を混ぜた時の甘さを感じたからです。鼻を近づけるとほんのり香ります。

【そのまま】
芳醇な味わいだけどクドさは全くありませんでした。バターロールを食べてるというよりは、やっぱりデニッシュパンを食べているような感じ。飲み物と一緒に食べても、すっと溶けていく柔らかな食感でした。

【トースト】
そのままで食べるよりもバターの風味が強く感じられました。シチューやグラタンなど冬のあったか献立に合いそう。

 

金のバターロールは

デニッシュパンに極めて近いということが分かったよ。

まとめ

ひとつのジャンルでは計れないほどの違いがあったので優劣をつけるのが難しいですが、私が美味しいと感じたのは「金のバターロール」でした。

美味しさが保証されているのは、さすが「金の」シリーズといったところ。

私は運良くすぐ見つけることができましたが、品切れ続出の店舗も多いそうなので、

店頭で見かけたら即ゲットがオススメです。

コメント