【2020秋】滋賀のラコリーナを再訪。並んででも食べたい限定スイーツをご紹介

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

ラコリーナへの再訪は実に2年半ぶり。久しぶりの滋賀観光の合間に、ちょっとおやつでも食べたいなあと思って立ち寄ってみたら…

 

ちょっと来ないうちに色々と進化しとうやん!!

(ん?2年半って、ちょっと?)

そんな場所をいくつか見つけたので、そちらも併せてご紹介します。

スポンサーリンク

並んででも食べてよかった!ラコリーナ限定スイーツ

まずは今回のお目当てのスイーツから。

生どら栗(¥400-)

「生どら栗」は、どら焼き生地に粒あんと生クリーム。それと、これでもかと絞った栗ペーストを挟んだラコリーナだけで味わえるスイーツ。

 

初見は「どら焼きに400円!?」と思ったものの、このビジュアルを見て納得。

 

圧倒的、重厚感。

 

なのに軽やかで上品な味わい。そのうえ栗感強めで、非の打ち所がありません。秋にラコリーナに来たなら、ぜひとも押さえておきたい一品です。

 

冬から春にかけて「生どら苺」がお目見え。

期間限定の生どらは要チェックだよ。

焼きたてバームクーヘン(¥400-)

この日のメインショップの混雑状況から食べるのを諦めようと思っていたバームクーヘン。なんとキッチントレーラーで売られていました。

クラブハリエのバームクーヘンって、食感も味も優しくて美味しいんですよね。こちらはスティック状でとても食べやすいし、ボリュームもあって大満足。

 

ほかにも魅力的なフードが満載。

色々と食べたい方はシェアがおすすめ。

進化を遂げた!ラコリーナの新エリアをご紹介

お次は進化したラコリーナの新エリアを3つご紹介したいと思います。

①「たねや」の生どらがフードコートで買えるように

以前はメインショップで買えた生どら。建物の目に入りやすい位置にあり立地は良かったのですが、なんせ食べる場所を確保するのが大変で、隅の方で立ち食い…なんてことも。

フードコートなら席を確保してから買いに行けるので、とても便利になりました!

 

1箇所に集まってると

色々と買いやすくていいよね。

②「ジュブリルタン」がフードガレージの2Fに移転

以前ブログでご紹介した「ジュブリルタン」こちらも移転していました。

この景色はフードガレージの2Fへと続く階段を登ったところなのですが…

 

現在は写真右上「CLUB」の文字辺りにお店を構えています。(この日は残念ながら完売)

ちょっとした秘密基地的な空間にワクワク。

 

そうそう、ワクワクと言えば「ジュブリルタン」は名物の○○が入ったパンが有名。面白い発想が光る商品なので食べたことのない方は、こちらもぜひ!

③ピンクの可愛いキッチントレーラー登場

丸いフォルムの車体いっぱいに描かれたバームクーヘン柄が可愛い「pink’s(ピンクス)」は今年7月にオープン。フードガレージ横に常駐しています。

 

「pink’s」で頂けるスイーツは全部で3つ!

  • 焼きたてバームクーヘン(¥400-)
  • バームシェイク(¥700-)
  • オールスターバームパフェ(¥1500-)

 

いずれもラコリーナでしか味わえないラインナップです。気になるものはありましたか?

 

こんな風にあちこちに可愛いが散りばめられてるpink’s。写真映えもバッチリです。

 

美味しいし可愛いって…

それってつまり最強だね!?

感想&まとめ

今回は並んででも食べたい限定スイーツと進化を遂げたエリアをご紹介しました。

 

冒頭にも書きましたが、ラコリーナへの再訪は2年半ぶり。向かう道中は「サクッと食べて出よう」なんて思っていたのに、気がづけばすっかり夢中で散策する自分が居て…。

 

これまで何度か訪れたこの場所が新鮮で面白いと感じたのは、ただ長い月日が経ったからというわけでなく、以前よりも楽しさがギュッと詰まった場所になっていたから。特に「ジュブリルタン」への道順は秘密基地へのギミックみたいで、ちょっぴりワクワクしました。

 

そして、ラコリーナで味わえる和洋スイーツの相変わらず美味しいこと。天気も良くて最高の癒しの時間でした。

 

「1回行ったからええわ」って方も

久しぶりにいかがですか?

ラコリーナ近江八幡の基本情報


【住所】〒523-8533 滋賀県近江八幡市北之庄町615
【営業時間】AM9:00〜PM6:00(フードコート AM10:00〜PM5:00)
【定休日】年中無休
【駐車場】有
【電子マネー決済】可

コメント